【CBDパウダーの使い方】CBDパウダーを添加して使うメリットとは


CBD関連の商品も多く出回るようになってきて、CBDリキッドなど気軽に扱えるものから、カンナビジオールを高純度・高濃度で製品化したCBDパウダーやCBDワックスなど。今回紹介するCBDパウダーはなんといっても99%を超える純度の高いカンナビジオールが特徴。

純度が高いということは不純物やCBD以外の成分が少ないということなので安全面にも期待できます。

今回はCBDパウダーをリキッドやその他のCBD製品に添加して使う方法を紹介していきます。高純度のCBDパウダーをそのまま使いたい方は以下の記事を参照にしてください。


あわせて読みたい
【CBDパウダーの使い方】ガラスパイプを使うことのメリット
【CBDパウダーの使い方】ガラスパイプを使うことのメリットCBDリキッドなどのようにPGやVGのようにCBD以外の成分が入っていると不安に感じる人もいるでしょう。まだCBDじたい半信半疑だからできるだけ安全性の高いものを使いたい...


cbdmania-banner
cbdmaniabanner
目次

CBDパウダーとは(アイソレート・クリスタル・結晶)

アイソレートとは、英語で「分離」「隔離」を意味します。
つまりCBDパウダーとは大麻草からCBD成分だけを分離して精製されたもので、非常に純度の高い製品になってます。

CBDパウダーの主な利用方法はCBDリキッドやCBDオイルに添加したり、ガラスパイプを使って気化させたものを吸煙するなど様々な方法で使うことができるのが特徴。


【CBDパウダーの使い方】CBDパウダーを添加して使うメリット

CBDパウダーの利用者に多い使い方は他のCBD商品の補助的に使う方法です。
特にCBDリキッドはフレーバーがついているものも多く、CBDの含有量が少ないものであれば比較的安価で揃えることができるので初心者に好まれています。

ですがCBDリキッドやCBDオイルにはパウダーなどに比べるとCBDの含有量がかなり少ないという欠点が。そのため、手始めに買い揃えてみたはいいものの、効果を実感できずにやめてしまう人もいるようです。

また、中・上級者になると今度は自分の好みに合わせたCBDの接種方法を試してみたくなってくるので、CBDパウダーを用意すれば初心者から上級者までCBD商品を楽しむことができるのがポイントです!

【CBDパウダーの使い方①】CBDオイルに添加

CBDは油に溶けやすい性質を持っているためCBDオイルやヘンプシードオイルなど油に関係した商品が多くあります。

CBDオイルは舌下に垂らすだけ、食品に混ぜて摂取するなど使用がとても簡単なのですが、市販のCBDオイルなどはCBDの含有量が低いのが欠点でもあります。

そこでCBDパウダーを利用すれば油によく溶けるため簡単に高濃度CBDオイルを作ることができるんです。

CBDはある程度の濃度がないと効果を実感しにくいのでCBDオイルを買ってみたけど、なんだかいまいちだな・・・と思っているあなた。CBDパウダーを追加した高濃度CBDオイルで試してみてはいかがでしょうか?


【CBDパウダーの使い方②】 CBDリキッドに添加

こちらもCBDオイル同様にCBDリキッドにパウダーを入れるだけで簡単に作れます。
CBDリキッドに追加して使うに注意点はしっかりと溶かすこと。しっかり計量して適切なCBD量にすることが無駄遣い防止にも役立ちます。

カンナビジオール単体の接種では一定量を超えると効果が実感しにくくなるという性質があります。そのため単純に超高濃度CBDリキッドを作って何度も吸煙していたら少しもったいないことに・・・ここは個人差がありますので普段の使い方などを踏まえてあなたに最適な濃度を探しましょう。

CBDパウダーを使って高濃度のリキッドを作るメリットは・・・
少量の吸煙でもしっかりと楽しむことができるので、ヴェポライザーのコイルなどの負担も減らすことが一つ。また、忙しい人でも隙間時間に数回吸煙するだけでしっかりとCBD感を味わえるので高濃度のカンナビジオールリキッドはメリットが多く試す価値はあると言えるでしょう。


CBDリキッド10ml(含有量5%)だと10mlの液体に0.5gのCBDを含有

そこにCBDパウダーを1g入れると・・・

CBD含有量15%の超高濃度CBDリキッド(10ml)の完成!


リキッドに追加する時には計量スプーンや電子スケールがあると便利。

おすすめは0.1g単位で計量できるもの、最大で3キロ~程度まではかれるものです。

CBDパウダーなど精密な計量ができ、最大3キロまで使用可能だと家庭用としては何でも使える万能サイズと調理師の筆者がおすすめします。



【CBDパウダーの使い方③】 MCTオイルとの組み合わせ


最後に超簡単初心者向けの自作のCBDリキッドの作り方を紹介します。

CBDリキッドの自作で検索するとPG(プロピレングリコール)やVG(ベジタブルグリセリン)、精製水にアルコール、計量器具にリキッドの保存容器など・・・

正直調べているだけで頭が痛くなるし、非常にめんどくさいですよね。(筆者も諦めた)

それを解決してくれるのがMCTオイルです。

MCTオイルとは?

MCTオイルとはミディアムチェーントリグリセリドの略で日本語に直すと中鎖脂肪酸という名前になります。

日本語に直してもピンとこないかたが大多数だと思うので、MCTオイルの特徴をまとめたのでそちらをご覧ください。

・消化吸収が早い

・母乳にも含まれる成分で抗菌・抗炎症作用がある

・摂取しても体脂肪になりにくい

・ブドウ糖に代わる脳のエネルギーになる


控えめにいってスーパーフードと言えるくらい、ダイエットやアスリートの栄養摂取、高齢者など幅広く効果が期待できるのがMCTオイルなんです。

通常のPGやVGを使ったリキッド作りをしても余ってしまったらもったいないですよね。

MCTオイルであればCBDのリキッド自作で余ってしまっても日常の飲食物にスプーン1杯でも使用すれば健康にも良いのでMCTオイルをおすすめする理由です。

【CBDパウダーの使い方④】 MCTオイルを使ったCBDリキッドの作り方


先ほどのCBDリキッドに追加する方法で紹介したように、MCTオイルとCBDパウダーを計量して混ぜ合わせるだけです。

この時軽く温めながら混ぜるとより早くパウダーが溶けます

出来上がったリキッドはすぐにでも使えますが、馴染むまで1日ほど常温で寝かせてあげるのがおすすめです。

注意点としては高濃度になるとリキッドが結晶化しやすくなるといったところです。
仮に結晶化してしまっても湯煎すれば溶けるので問題はないのですが、出先などでは困ってしまいますね。

筆者が調べたところではCBD濃度が30%程度でしたらほとんど結晶化はしないようですが、40~50%程度になってくると次第に確率は上がってくるようです。市販のCBDリキッドでは5~10%程度のものが多いので30%でも十分な高濃度CBDリキッドと言えますよ。

CBDパウダーの使い方 まとめ

CBDパウダーを他のCBD商品に添加する方法でのまとめです。


・CBDパウダーは油に溶けやすいのでオイルやリキッドに添加して使ってみよう

・添加して使うときには無駄遣いにならないようにしっかり計量しよう

・溶けにくい時には温めながらとかしてみよう

・リキッドを作ったあとは馴染ませるために少し寝かせてみよう


紹介したリンクのまとめ


CBDパウダーについては筆者がおすすめするTOP3をランキング形式で紹介していますのでそちらを参照にしてください。

あわせて読みたい
【高濃度CBDパウダー】失敗しないCBDパウダーの選び方【初心者向け】
【高濃度CBDパウダー】失敗しないCBDパウダーの選び方【初心者向け】◎この記事を読んで参考になるのはこんな方◎・睡眠の質を高めて朝スッキリと起きたい方・仕事でイライラした気分をリフレッシュしたい方・気分が落ち込みやすい、もやも...


自作CBDリキッドに合うヴェポライザー

自作したリキッドを吸煙するVEPE(ヴェポライザー)はAirisシリーズがおすすめ。

アトマイザーを変えるだけでリキッドにもワックスにも対応できてしかも最安値級の低価格がポイント♪



ヴェポライザーの使い方についてはこちらの記事を参照にしてください。

あわせて読みたい
【airis MysticaⅡ】CBDワックス用ヴェポライザー の使い方
【airis MysticaⅡ】CBDワックス用ヴェポライザー の使い方CBDは吸入(気化したものを吸い込む方法)が一番摂取効率が良いとされています。今回はCBDワックスやCBDリキッドを吸煙するのに必要なヴェポライザーの基本的な使い方に...


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる