CBDワックスはむせる…初心者に優しいCBD商品

\こんな人におすすめの記事/

・CBDに興味はあるけど電子タバコは嫌

・高濃度のCBDワックスはむせるってホント?

・人目や場所を気にせずにCBD商品を使いたい人


高濃度を売りにしているワックスやリキッド(電子タバコ系)は正直むせやすい。

喫煙経験がある人でもノドを通るときや肺に入ったときにガツンと煙を感じます。

また電子タバコ系では仕事中や外で使うにはちょっと…と言う方もいることでしょう。

そんな方には「 吸わないCBD 」商品がおすすめ。

最近ではグミやカプセルタイプのCBDも日本で取り扱うようになってきたので購入するのカンタンになりました!


\この記事を読んでわかること/

・高濃度タイプとサプリメント系のちがい

・どこでCBD商品を探せばいいか


高濃度CBDはむせやすい

正直にいうとCBDワックスなど高濃度のものを吸煙するとむせやすいです。

喫煙経験がある人はセブンスターより強いタバコを吸ったような感じで伝わるかと。

もちろんCBDは吸い方によって全くむせずに使うこともできるので安心してください。

CBDワックスをむせることなく吸うコツとしては「 欲張らないこと 」。

スゥーっと大きく吸い込んだときはCBDの効果を実感しやすいのも事実なんですが、むせてはきだしてしまったらもったいないので・・・

むせない程度に少し吸って、軽く息をとめてCBDを肺に満たして、またもう一度吸う。

そうやってゆっくりとCBDを取り込んでいくとじわーっとリラックスした感じになってきます。

即効性はバツグン

先ほどの「 むせない吸い方 」でも表現したように高濃度タイプのものは即効性がポイント。

CBDの吸煙を始めて、量によっては1回(数十秒)で効果を実感できるのはありがたい。

高濃度のCBDアイテムは気分が落ち込んだときやイライラしてしまったときにすぐに効果が表れるので自宅用などにひとつもっておくのがおすすめ。


吸煙しないタイプも増えてきた

CBDは残念ながらまだまだ偏見を持たれているのも事実でしょう。

それでなくても喫煙者にとって肩身の狭い世の中になっているので、周りに無害な電子タバコとはいえ使うには場所を選ばなきゃいけないのがデメリットでした。

しかし、最近では海外サイトなどでしか手に入らなかったCBDのグミやサプリメントなどが非常に手に入りやすくなったので、「タバコは吸ったことないけどCBDアイテムはもってるよ!」ってひとにも出会うようになりました。

食品系のCBDアイテムであれば使う場所や人目を気にすることなくどこでも使うことができるのがなによりのメリットですね。

実際どこでどのようにメンタルに影響があるかなんてわからないし、「 HSP 」と呼ばれる繊細さんのような人は外部からの刺激も強いのでお守りがわりにもっておくと安心です。



吸煙以外のCBDのデメリット

いいことだらけのように見えますが一つだけデメリットが・・・

それは「 効果の即効性 」です。

吸煙系のCBDはさきほどもお伝えしましたが使ったその場で効果を実感できるほど。

しかし経口摂取でCBDを取り入れると胃に到達してから消化→吸収の過程を経て効果があらわれてくるので効果を実感しにくいのが最大のデメリットでしょう。

メリットデメリットは使う人の生活環境などでもかわってきますのでどちらがいいとは一概いはいえません。

しかし一つだけ確実なのはCBDを生活に取り入れることは最大のメリットだとひとりのCBDユーザーとしてそう思っています。


購入は専門店がおすすめ

そこまでいうならちょっと見てみようかな?と思ったかたは専門店でチェックしましょう。

今ではアマゾンや楽天・ヤフーショッピングなどいろいろな場所でCBDアイテムが販売されるようになりましたが、大手では「 倉庫で保管 」や「 CBD素人が取り扱い 」などが懸念されるので製品の品質管理に多少の不安が残ります。

せっかくナチュラルな成分を使用したものなので専門的な知識と豊富な品数をそろえているCBDMANiAが一押し。

もともとVAPE(電子タバコ)などに特化したお店をもっているので専門的なスタッフが管理した商品を手にすることができます。

あなたもCBDのある生活、おだやかな毎日を手にしてみませんか?


>最強のCBD専門店「CBD Mania」

最強のCBD専門店「CBD Mania」

CBD(カンナビジオール)商品の専門店ならCBD Mania!

店長みずから厳選したアイテムを揃えており、顧客対応とレスポンスを売りにしているのでCBDに興味はあるけどなにを使っていいのかわからない初心者の方でもプロに話を聞きながら納得したものを購入できるので安心して始めることができます。

CTR IMG